2016年07月25日

今さら更新してみる・・・

DPP_0078.JPG完全に今さらなんですが・・・。そして更新して誰か見てくれるのか??
謎ですが、たまにはね。

結局、手直しした『みなさんの85』結果から言えば絶好調だったのではないかと。
入らなかったギヤも症状改善
スコスコと気持ち良く入るようになっていました。
って事はクラッチの油圧系統?要は切れてなかったって事なのかな?

1469380018092.jpgいつものように一緒に行った『○シモトさん』には「また自慢かよ?」と言われそうですが、タイムは大幅更新、驚きの8秒前半でした。もちろんタイヤ&パッドなんかはレースのお古の状態です。

レース時には無理やりギヤをぶち込んでた『後輩君』のタイムも上回る事が出来、何とか面目を保つことが出来たのでした。

1466223093254.jpgんで、また長期間の放置プレーに突入した訳ですが、
ここで大事件発生

仕事中に『かみさん』から
「86が爆発」と連絡が・・・。

送られてきた画像を見ると何か曇っててよく見えない・・・。後から聞いたら機種変してレンズ部に貼ってあったフィルムを剥がしていなかったそうな・・・。
が、アクリルのリヤガラスが真っ二つになっているような・・・?

なんと先日ホームセンターで安売りしてたパーツクリーナーが今季初の猛暑日の直射日光で破裂したのでした。普段ならボロ毛布で直射日光を避けているのですが、購入してきて面倒くさかったので今度仕舞おうとそのまま毛布の上に『ぽいっ』と置いておいたのでした。

1469379537080.jpgそんでこっちは昨日の出来事。

以前から『通勤1号』の症状として、アクセル低開度の時(エンブレ⇒再加速時等)に息つきをおこすのが気になっていたのですが、原因がはっきりせずにあ~でもね~、こ~でもね~と悩みながらそのまま乗り続けていたのでした。
『通勤1号』は吸気系統をいぢって大径の物に換えて有るのと、排気も換えて有るのでメインジェットだけは大きなものに交換していました。が、色々原因を考える内にアクセル低開度って事はメインじゃなくスロージェットの方では?と、考え部品を購入したんです。

んで、無事に交換も終わって狂っているであろうキャブの同調を取ろうと、壁の上にのせて有ったタンクから燃料を容器に移そうとコックをグリグリ・・・あれ?開かない・・・えいっ・・・えいっ・・・

あぁ~~~っ‼

キャップの縁までほぼ満タンに入っていた燃料タンクは壁の向こう側(お隣さんちの駐車場)に1.5メートル程の高さから落ちていきました・・・。コックやキャップから漏れたガソリンに火花でも散って引火するんじゃないかと真面目に身構えましたが無事に「ボンッ、ボンッ・・・ガラン・ゴロン」とバウンドまでして着地したようでした。
とりあえずお隣さんが出掛けてて車が無かったので助かったし、引火⇒大爆発が起こらなくて本当に良かったのですが・・・。


アクリルガラスといい、燃料タンクといい、走ってナンボの車両だと思っているので走って壊れるのは納得がいくのですが、乗っても無いのに壊れてばかり・・・。
なんかに憑りつかれてるんでしょうか??
posted by きん at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック