2016年03月02日

本日の作業

本日の作業今月末に行く予定になった試運転。
慌てて残りの作業を実施。
前から治らないギヤの入りの悪さ・・・。
色々やったけど、後はクラッチの切れが悪い位しか・・・。なので

3.9キロ VS 3.5キロ『後輩君』がどこかから仕入れてきた(多分)戸田レーシング製フライホイール。(右側)
左側が今まで使ってたクロモリ鋼の物。体重測定の結果、3.9キロでした。右側の戸田風の物が3.5キロでした。なので右側を採用。

新型・・・いや、違うんで、これも『後輩君』が仕入れてきたTRDメタルクラッチ。(下側)

今までのはEXEDYの強化クラッチと圧着力アップのプレッシャプレート。(上側)

もちろんどちらも中古品です。


最新兵器!(笑)んで、こいつが通算10年位漏れっぱなしだったクラッチマスターASSY。
なんとAISIN製の新品です。

ついでにレリーズ側もASSYで交換。
これでクラッチ関係も全て刷新です。

これでもギヤが入らなかったら・・・もうクルマ捨てちゃうかも。

86年式?そんな作業を途中から手伝いに来てくれた『後輩君』と作業して片付いたら、次はこの年代物のレストア作業の続き。
『ガキ2号』が「自動二輪普通免許」を取るというので『山梨おやじ』に頼んで探して貰った86年式のFZR250初期型。
5年ほど前に『山梨おやじ』がオコシて友達に譲ったのですが、そのまま放置⇒不動車へ。

アルミ・・・?そんなのを安く譲ってもらって来てチマチマ治してました。
もちろん腐ったキャブは全バラ、エンジンこそ下ろしませんでしたがサビサビのスイングアームは『後輩君』の秘密ガレージにて再塗装。
フォークは程度のいい中古品を仕入れOHして組み換え、ブレーキは全て分解して清掃後組み直し。

カス入りメインジェットとりあえず走れるようにしたので登録して保険を入れて『きん』が通勤で試運転。
見えますかね?
針の穴の様なメインジェットの穴に溶けて流れたシールパッキンの「カス」が詰まってるとこ・・・。
しかもすでに何回目だろう・・・。やってもやっても走ってると詰まるんです。掃除するとしばらくは調子良いんですが。
ま、分かっていたのにキャブの組み付けに『ガソリン』って書いてあるシールパッキンを使って組んだ作業者がいけないんですけどね・・・。

それにしても、ウィキなんかで見ると86年~なんですが、先日ヤマハのHPで部品検索したら87年~になってた。登録証にも初年度の記載が無いので分かんないんですよね。詳しい方、教えて下さい。
ま、どちらにしても30年前の車両です。『きん』が14歳の時のバイクです(爆)
posted by きん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック